DHA・EPAと一緒に飲んではいけないサプリとは?

動脈硬化の予防・中性脂肪の分解など、いろんな働きのあるDHAとEPAですが、組み合わせてはいけない栄養素などはあるのでしょうか?安心安全、効率よくDHA・EPAを摂取するために、栄養素同士の飲み合わせを検証してみましょう!

DHA・EPAと飲み合わせの悪い成分とは?

副作用がほぼ無く、体にやさしいDHA・EPAですが、一緒に飲むと吸収を妨げたり、健康上の問題が現れる栄養素や医薬品があるので注意が必要です。成分別にDHA・EPAとの飲み合わせを見てみましょう。

DHA・EPAと一緒に飲まないほうがいい栄養素と医薬品

  • キトサン(不溶性食物繊維)
  • カフェイン
  • タンニン
  • βカロチン
  • ワルファリンカリウム(ワーファリン)
  • 降圧剤

キトサンや不溶性食物繊維はDHA・EPAを体外に排出してしまう

水に溶けない食物繊維、不溶性食物繊維はDHA・EPAを体外に排出してしまう性質があるため、一緒に摂取しすぎるとDHA・EPAの吸収量が減ってしまいます。

よく例にあがるの不溶性食物繊維がキトサンという成分で、カニの殻から抽出された不溶性の食物繊維です。キチン・キトサンも同じものですね。ダイエットサプリメントによく配合されています。

ほかにも不溶性食物繊維が豊富な食べ物として、豆類やエリンギなどが挙げられます。キトサンほど強い作用はありませんので普通に食べる程度なら問題ありませんが、DHA・EPAを飲んでいる間は偏って沢山食べ過ぎないほうがいいでしょう。

どうしてもキトサンとDHA・EPAのサプリメント両方を飲みたい場合は、時間をずらして飲むなどの工夫が必要です。

ただ不溶性食物繊維とDHA・EPAの飲み合わせが悪いとなると「なるべく食物繊維をとらないほうがいいの?野菜も控えたほうがいいの?」と思ってしまうかも知れません。でも実は逆に野菜はどんどん食べたほうがいいんです。

水に溶けないキトサンなどの不溶性食物繊維と違い、水に溶けて水分保持力が高い水溶性食物繊維はDHA・EPAの吸収を妨げず相性が良いのが特徴です。さらに水溶性の食物繊維は中性脂肪の値を下げ、内臓脂肪を減らしたりする作用もあります。ごぼう、サツマイモなどの野菜に水溶性食物繊維が豊富なので、積極的的に食べたいですね。

カフェインやタンニンはDHA・EPAの吸収を妨げる!

コーヒーや目覚ましの錠剤に代表されるカフェインや、お茶に含まれるタンニンはサプリメント類の吸収を妨げると言われています。DHA・EPAだけでなく、あらゆるサプリメントの成分とくっつき吸収を妨げるとされているようです。DHA・EPAも白湯か水で飲みましょう。カフェインやタンニンを含んだダイエットサプリメントもあるので、注意が必要です。

DHA・EPAはβカロチンの吸収を妨げてしまう

βカロチンは緑黄色野菜のかぼちゃ、にんじんなどに含まれていることで有名な成分ですよね。βカロチンは必要に応じて体内でビタミンAに変換され、粘膜や皮膚の免疫力を保ったり、視力の維持に効果的な成分と言われています。

そのβカロチンをDHA・EPAなどの多価不飽和脂肪酸類は破壊する性質を持っているんです。βカロチンのサプリメントを飲んでいたり、健康のため緑黄色野菜をたくさん食べようと思っているひとは、DHA・EPAと同時に摂取しないようにするといいですね。

ワルファリンカリウム(ワーファリン)とDHA・EPAの併用は危険

栄養素ではなく医薬品ですが、血を固まりにくくする薬がワルファリンカリウム(ワーファリン)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因になる血栓ができないよう、病院から処方されます。

DHA・EPAも血液をサラサラにする作用がありますので、血が止まりににくくなる、薬の分量計算が狂ってしまうなどの重要な問題が起こります。

降圧剤とDHA・EPAの併用は血圧を下げ過ぎてしまう危険性あり

高血圧症で降圧剤(血圧を下げる医薬品)を使っているひとは、DHA・EPAと併用すると予想よりも血圧が下がりすぎて危険な場合があります。DHA・EPAを摂取する前にお医者さんに相談しましょう。

ワルファリンカリウム・降圧剤などの医薬品を除き、DHA・EPAと一緒に飲んで危険な栄養素というのは心配しなくていいという事ですね。ただDHA・EPAの吸収を考えると、食べ合わせ飲み合わせに注意したほうがより効果的という事です。

似た効果の健康食品・サプリとDHA・EPAは併用しても大丈夫?

ここまでは「一緒に摂取すると吸収・健康上に問題が出る」成分について触れてきましたが、ほかにも注意すべきなのが、DHA・EPAに似た効果のある健康食品やサプリメントとの併用です。

  • 血中のコレステロールを正常に保つ
  • 脂肪がつきにくい
  • 血圧を正常に保つ

これらの効果が宣伝されている健康食品はDHA・EPAに近い効果を持っていると考えられます。健康食品やサプリメントは近い成分のもの同士の併用を考えていませんし、有効成分もその商品ひとつで十分なように計算されているはずです。

併用したときに血圧やコレステロール、脂肪やほかの体調にどのような影響が出るか、専門家でないとわからない部分があります。どうしても併用したい場合は様子を見ながら、病気のある人はお医者さんに相談してから試すことをオススメします。

効果が認められた健康食品トクホとは?

健康食品といえば、よくTVで「これはトクホのお茶です!脂肪の吸収を抑えます!」などの宣伝が聞こえてきます。そうしたトクホの食品や飲み物の中にも、DHA・EPAに近い性質を持ったものがあります。

トクホとは正式な名前を特定保健用食品といい、消費者庁が保健効果を認めた食品だけができる表示です。ご存知のように、人がバンザイしているようなマークが特徴なのですぐ見分けることができますね。トクホは「このような保健効果が消費者庁に認められたんですよ!」という効果をパッケージに表示したり、宣伝したりすることができるいわば「国に認められた健康食品」と言えるでしょう。

数ある健康食品の中でも、効果が認められているだけにDHA・EPAに近い効果のある商品は少し注意が必要です。では、トクホの商品に含まれる成分で、DHA・EPAに近い効果を持つものはどんなものがあるのでしょう?

DHA・EPAに似た効果を持つ成分

中性脂肪の値を下げる成分

  • モノグルコシルヘスペリジン
  • 難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)

体脂肪をつきにくくする成分

  • ジアシルグリセロール
  • ポリフェノール
  • ケルセチン配糖体

コレステロール値を下げる成分

  • 植物ステロール

血圧降下作用のある成分

  • ラクトトリペプチド
  • ゴマペプチド
  • サーデンペプチド
  • γ-アミノ酪酸 (GABA)
  • 杜仲葉配糖体(ゲニポシド酸)
  • 燕龍茶フラボノイド
  • ブナハリタケエキス

トクホの商品だけで見ても、こんなに沢山あるんですね。いずれも沢山の人体実験やテストを経て、国に認められた選りすぐりの成分たちです。余談ですが、DHA・EPAを配合するドリンクもトクホに認定されています。

DHA・EPAと似た成分を一緒に配合したマルチサプリメントを飲もう!

ここまで「似た効果がある健康食品との併用は注意」という話題でしたが、これだけ近い効果のあるすばらしい成分が並ぶと「DHA・EPAのほかにも、近い効果の成分を一緒に摂取できたらいいのに・・・。そしたらもっと健康に近づくんだけどなぁ。」と思ってしまいますよね。

その悩みを解決してくれるのが、血圧や脂肪などのお悩み別に開発されたマルチサプリメントです。実はなんと、トクホの食品や飲み物に含まれる有効成分は、DHA・EPAと同じマルチサプリメントに合わせて配合されている場合が多いんです。

マルチサプリメントは成分の相性や分量のベストバランスをプロが考えて調合したものなので、同じ成分を摂取するなら健康食品とサプリメントを併用するよりずっと安心で、何よりコストもかかりません。

この成分が気になる!という栄養素があれば、DHA・EPAと一緒に配合されているサプリメントを選ぶのがベストな選択なんですね。広告や販売ページに成分表示されている商品も多いので、上の成分リストと見比べてサプリメントを選んでみましょう。

「一緒に飲んじゃダメな成分は何かしら?」「似た効果のサプリメントと食品、一緒に試して大丈夫かしら?」と考えるよりも、まずは効果的な成分を配合したサプリメントを選び、それを長く続けて飲むことが何より間違いないという事なんですね。

将来の認知症や物忘れ対策にDHAを摂取しておいたほうがいい?

ある程度の年齢になってくると心配になってくるのが認知症ですよね。今まで出来た事ができなくなったり、大事な事を忘れてしまうなんてとても怖い事です。

その認知症予防のためには、脳に必要な栄養素をしっかり摂取しておく必要があります。中でもDHAは脳まで届いてその働きを助けてくれる大事な栄養素なんですね。

DHAで脳血管性認知症の予防ができるメカニズム

まず認知症にも種類があり、その中でも脳血管性認知症の予防にDHAは大きな力を発揮します。

脳の血管に血の固まりが詰まったり、血管が破れるなどして周りの組織が死ぬと起こるのが脳血管性認知症です。かなり多くの高齢者が直面する症状と言われています。

DHAは血管をしなやかに、血液の赤血球も流れやすくする効果があるため、血の固まりをつまりにくくして脳血管性認知症を予防してくれるんですね。

DHAは同じメカニズムで動脈硬化も防いでくれるため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも低く抑える事ができます。一石二鳥の栄養素なんですね。

DHAが脳の機能を助ける理由

脳血管性認知症予防のほかに、DHAは脳の神経細胞のニューロン同士をつなぐシナプスの材料でもあるため、脳の機能そのものを助ける効果もあります。

人間の脳は、一度繋がったシナプスを運動や頭を使う刺激に従って整理する性質があります。より効率の良い脳に育てるためだと言われており、多くのシナプスとそれを整理するための刺激が必要と言われています。

年齢や認知症などで脳細胞のニューロンは数を減らしますが、シナプスが効率の良い繋がりを作る事で、少しでも機能を補う事ができないか注目されているんですね。

また人間の記憶を司る脳の海馬には、多くのDHAがもともと含まれている事がわかっています。海馬にDHAを補給することで記憶力が向上・回復したという例もあるようです。

体から脳まで栄養素が達するまでには、血液脳関門という脳に有害な物質を取り除く器官があるのですが、DHAはそこを通過できる栄養素なため脳まで届くと言われています。

常にDHAを摂取して海馬の能力を保っておけば、認知症の予防になる可能性があるんですね。

DHA摂取以外にも認知症予防対策をしよう

このようにDHAは認知症予防に効果的ですが、一方で認知症になりにくい生活をする事も重要です。ストレスが多かったり、運動不足だったり、刺激のない生活が続いたりするのは認知症になるリスクを高めてしまいます。

好きな事を生き生き楽しんだり、軽い運動をしたりすると認知症予防に良いとされています。DHA摂取と同時に、認知症になりにくい生活を楽しみましょう。

DHAは血液をサラサラにする働きもあるって本当?

近年健康番組などで「この食品には血液サラサラ効果があります!」という言葉を耳にしますよね。

血液サラサラ成分の中でも特に最近注目の成分がDHAなんです。でもDHAはどんなメカニズムで血液をサラサラにするのでしょうか?

そして血液がサラサラになると具体的にどんなメリットがあるのか、それぞれ見てみましょう。

DHAで血液がサラサラになる理由

血液がサラサラとは、簡単に言うと血液が血管を順調に流れている状態を言います。逆に血液ドロドロの状態とは、血管が狭まり硬くしなやかさを失っている状態だったり、血液の赤血球が硬くなっていて血管が詰まりやすい状態です。

DHAはサラサラとして固まりにくい性質を持った物質で、それを取り込むと人間の細胞壁は柔軟に、流動性を高める(流れ動きやすさを増す)と言われているんです。これは血管壁も赤血球も同じで、どちらも柔らかくしなやかになるんですね。

ちょっと難しいので簡単な例えで言うと、金属のパイプに石ころをつめてもすぐ中で詰まってしまいますが、同じ寸法でも柔らかいゴムチューブにゼリー状の玉を入れればちゅるちゅると詰まらずに流れていきますよね。

ゴムチューブを血管、ゼリー玉を赤血球に置き換えると、流れやすい血液サラサラ状態という事なんですね。

血液がサラサラになると起こるメリット

血液がサラサラになることで得られるメリットは、何と言っても動脈硬化やその先の病気を予防できることです。

動脈硬化とは、中性脂肪やコレステロールのせいで血管が狭く・硬く・脆くなってしまう現象をいいます。動脈硬化になると、ちょっとした血の固まりが血管に詰まりやすくなってしまうのです。

そう言うとあまり深刻な問題には聞こえませんが、この血管に血の固まり(血栓)が詰まってしまう病気があの有名な脳梗塞・心筋梗塞なんです。どちらも命に関わる危険な病気なので、DHAは命を救うかも知れない栄養素なんですね。

ドロドロ血液になりやすい生活を改善するのも大切

DHAを摂取するのも大切ですが、病気になりやすいドロドロ血液の原因になる悪い生活習慣を改めることも大事です。

野菜不足で脂っこいものばかり食べていたり早食いのクセがあるなど、悪い食生活は動脈硬化の原因になります。血液をサラサラにするためには、野菜中心のご飯をゆっくり噛んで食べるのがいいんですね。

DHAは生魚に含まれているので、魚を食べるのもオススメです。もっと手軽にDHAサプリメントで摂取するという方法もあります。また軽い運動を続けるのも効果的と言われていますね。

いくら体にいい栄養素を摂取しても、生活習慣がダメだったら血液はサラサラになってくれません。DHAを摂取しつつ、生活習慣もしっかり改めましょう。

お酒を良く飲む人はDHAを摂取したほうが良いと言われる理由

DHA・EPAはいま話題の成分です。脳機能を活性化してくれたり、花粉症やアトピーの緩和、抗癌作用など体の健康維持に必要不可欠な成分です。

そしてこの他に、嬉しい効果があります。それがお酒の飲み過ぎが原因とされているアルコール性脂肪肝の予防や緩和などの効果もあることです。

お酒好きは要注意!アルコール性脂肪肝の怖さ

アルコール性脂肪肝はほっておくと肝硬変になり命に関わる病気になってしまいます。

そもそも肝臓は人間の体内の中でも症状が現れにくい「沈黙の臓器」とも呼ばれていて、肝臓に異常があるのにも関わらず本人の自覚症状がないままに、どんどんと症状が進行します。そして、気がついた時には手遅れ…といった状態にもなりかねません。

ですから、普段から予防をしたり肝臓を休ませてあげることも大切なのです。

アルコール性脂肪肝だけではなく、お酒を過度に飲み続けることによって引き起こる症状は多くあります。

心筋梗塞や脳卒中、高血圧やメタボリックシンドローム、胃炎など。過度の飲酒を続けることによる体へのリスクは高いことを知っておきましょう。

DHAとEPAが何故お酒好きによいのか

飲酒によるアルコール性肝硬変や高血圧を防いだり、症状を緩和できるのがDHA・EPAです。

アルコール性脂肪性肝炎は肝臓の中性脂肪が30%以上になってしまうと診断されます。通常は3〜5%なので、かなり脂肪分が溜まっている状態になりますね。

DHAとEPAは体内に溜った脂肪分、血液中に溜った脂肪分の両方を分解する作用があるうえに、DHAは肝臓の働きを活発にしてくれますからアルコール性肝硬変に効果的だといわれています。

それから、過度の飲酒が原因の一つである高血圧にも効果があります。血圧の上昇は血液がドロドロの状態になると起こりやすくなります。そこで血液をサラサラにしてくれるDHAやEPAを摂取することによって予防ができるということになりますね。

この他にもDHA・EPAは嬉しい効果が多くあります。

  • ビールを飲み過ぎてビール腹になってしまった方には、ダイエット効果も高い!
  • 甘いもの大好き!お酒も大好き!糖尿病予備軍という方にも脂肪排出効果!
  • 多くはお酒を飲まないけど、毎晩の晩酌をしている方も肝臓の手助けに!
  • 生活習慣病の予防に!
  • お酒で肌荒れ?!美肌効果で女性も男性も清潔感あふれる人に!

などなど、様々な効果があります。

DHAとEPAを上手に摂取するタイミング

結論からいうと、いつでも摂取しても効果的です。お酒を飲む前でも良いですし、飲み過ぎたかな?と思った時に。などタイミングはそれぞれです。

ただ、日常的にお酒を多く飲む方であれば続けて毎日飲み続けることが大切ですね。

一般的に、サプリメントなどは朝食前に。昼食後に。など飲むタイミングを習慣づけると継続しやすくなるといわれています。ですから自分の都合のよいタイミングで続けるようにしてください。

万が一、サプリメントを飲んでいて体調に異常を感じたらすぐにやめて医師に相談することをお勧めします。それからたくさん飲めば効果が高いというものでもありません。1日の適正な量を飲むようにしましょう。

話題のDHA・EPAってどんな成分?どんな働きを期待できるの?

男性、女性共に人気のあるDHA・EPA。名前は聞いたことがあるけれども、どんな成分なのか知らない方も多いと思います。どんな働きをして、体にどのような効果をもたらせてくれるのかを紹介します。

DHAに期待できる効果

DHAと聞くとすぐに思い出すのが「魚」ですね。正式名称はドコサヘキサエン酸。なんとなく学校の授業で耳にしたことがあるかもしれません。

DHAの効果として有名なのは「頭が良くなる」です。様々な説がありますが、DHAを摂取することにより脳への情報伝達機能活性化してくれる働きがあり、「頭が良くなる」といわれています。

また、情報伝達機能の活性化によりアルツハイマー病の抑制や老人性認知症の予防や改善などの効果もあげられます。一覧で紹介しますが、その他にも様々な効果があります。

  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 視力低下の抑制
  • 運動機能の向上
  • 中性脂肪の低下
  • 血栓の抑制
  • 高脂血症の改善
  • コルステロールの低下
  • ストレス緩和
  • 生活習慣病の予防

などの多くの効果があります。

DHAが多く含まれている食品

DHAは青魚に多く含まれている成分です。ですから積極的に青魚を食事に取り入れるようにすると良いですね。

ちなみに、DHAは豚肉や牛肉等の肉類。野菜類にはほとんど含まれていない成分でもあります。まれに卵に含まれているという情報も見かけますが、実は鶏を育てる時の餌にDHAが含まれている魚粉を配合しているからです。

DHAの必要量と摂取方法

DHAの1日の必要量は500mg〜1gです。通常の食事で取り入れるのであれば、イワシで1〜2尾・マグロ刺身(中トロ)4切れが目安です。

食べきれない量でもありませんし、無理をして食事に気をつけておけば毎日食事に取り入れられないこともありませんが、飽きてしまいますし、青魚が苦手という方もいます。

そのような場合はサプリメントなどを上手に生活に取り入れ摂取してみてはどうでしょうか。

EPAに期待できる効果

EPAはなんとなくDHAとセットになっている成分・・・という認識が強いのではないでしょうか。

DHA同様に魚に多く含まれる成分で、正式名称はエイコサペンタエン酸と言います。

有名な効果としては中性脂肪の低下や記憶力の向上があげられますが、DHAほど認知度は高くないですね。またDHAとEPAは働きが似ているので違いがわかりにくいです。

  • コレステロールの減少…DHA
  • 中性脂肪の減少…EPA
  • 脳に到達し脳神経を活性化…DHA
  • 脳に到達し働く事をしない…EPA
  • 血液や血管の健康に様々な効果…EPA
  • 脳や神経に効果…DHA

とざっくりとした説明になりますが、効果が働く場所が異なります。

また、その他の効果として

  • 心疾患の予防
  • 脳卒中の予防
  • 美肌効果
  • アレルギー対策
  • 関節痛の緩和

などの多くの効果があります。

EPAが多く含まれている食品

  • まいわし
  • 本マグロ
  • さば
  • 真鯛
  • ブリ
  • 秋刀魚
  • アジ
  • かれい
  • ひらめ

などがあげられます。上から順番に可食部100g中に含まれる量が多い順に紹介しています。

EPAの必要量と摂取方法

厚生労働省の推奨する1日の目標摂取量は、1000mg以上です。

DHAと同様量(イワシで1〜2尾・マグロ刺身(中トロ)4切れが目安)で食事に取り入れることが可能ですが、毎日は難しいかもしれません。その際は、サプリメントなどを上手に活用してください。