話題のDHA・EPAってどんな成分?どんな働きを期待できるの?

男性、女性共に人気のあるDHA・EPA。名前は聞いたことがあるけれども、どんな成分なのか知らない方も多いと思います。どんな働きをして、体にどのような効果をもたらせてくれるのかを紹介します。

DHAに期待できる効果

DHAと聞くとすぐに思い出すのが「魚」ですね。正式名称はドコサヘキサエン酸。なんとなく学校の授業で耳にしたことがあるかもしれません。

DHAの効果として有名なのは「頭が良くなる」です。様々な説がありますが、DHAを摂取することにより脳への情報伝達機能活性化してくれる働きがあり、「頭が良くなる」といわれています。

また、情報伝達機能の活性化によりアルツハイマー病の抑制や老人性認知症の予防や改善などの効果もあげられます。一覧で紹介しますが、その他にも様々な効果があります。

  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 視力低下の抑制
  • 運動機能の向上
  • 中性脂肪の低下
  • 血栓の抑制
  • 高脂血症の改善
  • コルステロールの低下
  • ストレス緩和
  • 生活習慣病の予防

などの多くの効果があります。

DHAが多く含まれている食品

DHAは青魚に多く含まれている成分です。ですから積極的に青魚を食事に取り入れるようにすると良いですね。

ちなみに、DHAは豚肉や牛肉等の肉類。野菜類にはほとんど含まれていない成分でもあります。まれに卵に含まれているという情報も見かけますが、実は鶏を育てる時の餌にDHAが含まれている魚粉を配合しているからです。

DHAの必要量と摂取方法

DHAの1日の必要量は500mg〜1gです。通常の食事で取り入れるのであれば、イワシで1〜2尾・マグロ刺身(中トロ)4切れが目安です。

食べきれない量でもありませんし、無理をして食事に気をつけておけば毎日食事に取り入れられないこともありませんが、飽きてしまいますし、青魚が苦手という方もいます。

そのような場合はサプリメントなどを上手に生活に取り入れ摂取してみてはどうでしょうか。

EPAに期待できる効果

EPAはなんとなくDHAとセットになっている成分・・・という認識が強いのではないでしょうか。

DHA同様に魚に多く含まれる成分で、正式名称はエイコサペンタエン酸と言います。

有名な効果としては中性脂肪の低下や記憶力の向上があげられますが、DHAほど認知度は高くないですね。またDHAとEPAは働きが似ているので違いがわかりにくいです。

  • コレステロールの減少…DHA
  • 中性脂肪の減少…EPA
  • 脳に到達し脳神経を活性化…DHA
  • 脳に到達し働く事をしない…EPA
  • 血液や血管の健康に様々な効果…EPA
  • 脳や神経に効果…DHA

とざっくりとした説明になりますが、効果が働く場所が異なります。

また、その他の効果として

  • 心疾患の予防
  • 脳卒中の予防
  • 美肌効果
  • アレルギー対策
  • 関節痛の緩和

などの多くの効果があります。

EPAが多く含まれている食品

  • まいわし
  • 本マグロ
  • さば
  • 真鯛
  • ブリ
  • 秋刀魚
  • アジ
  • かれい
  • ひらめ

などがあげられます。上から順番に可食部100g中に含まれる量が多い順に紹介しています。

EPAの必要量と摂取方法

厚生労働省の推奨する1日の目標摂取量は、1000mg以上です。

DHAと同様量(イワシで1〜2尾・マグロ刺身(中トロ)4切れが目安)で食事に取り入れることが可能ですが、毎日は難しいかもしれません。その際は、サプリメントなどを上手に活用してください。